桜、新緑から紅葉まで:記念写真は柔軟に:前撮り・後撮りプランの活用法 >>

スタジオブログ

写真館の仕事の裏側。小物を作ったり、機器メンテナンスしたり、写真のことを考えたり、函館、道南の写真名所を紹介をしたり、種々雑多な話題を綴ります。

スタジオブログ

風鈴と二分の一成人式:函館亀田八幡宮「茅の輪」の時期に

前記事で茅の輪の話題をかきましたが、6月最後の日、茅の輪くぐりの人々がひっきりなしに神社を来訪されていました。神主さんのお話では7月に入っても数日は茅の輪はそのまま飾られるらしいので、まだ間に合いますよ。 さて、旧暦では夏越、新暦では...
スタジオブログ

厄災払いの夏:亀田八幡宮茅の輪くぐり

函館亀田八幡宮の「茅の輪」が今年も作られました。無病息災を願い、茅の輪をくぐる。毎年6月になると登場する茅の輪ですが、コロナ禍の今年は特に感慨深いものがあります。
スタジオブログ

「写真の日」、「写真供養祭」、「世界写真の日」について

今年は中止になった6月1日の写真供養祭と写真の日のこと。8月19日の世界写真デーについての若干の覚。
スタジオブログ

令和2年の端午の節句記念撮影

新型コロナウイルスにかかわる休業要請・加えて延長で数多くの撮影がキャンセル、延長になりましたが、そこはどっこい元気にしないと、と思っております。、というわけで、小さなな可愛い5月人形を使って記念撮影をいたしました。意地でも写真を撮ります、という、そのことについての記事です。
スタジオブログ

江差町籠職人Sさんの「ポートレート写真アルバム」追想

プロとして写真撮影をはじめるまえの、「習作」写真ですが、写真を撮らせてもらう楽しさと緊張がいつまでも記憶にのこっている写真アルバムを、今回デジタルスキャンして手元に残しました。「被写体」は親しくさせていただいていた江差町の籠職人のSさん。この方がいたので、いまもカメラを抱えています。
スタジオブログ

「今を生きる」 ーウエディングフォトの可能性2ー

ウエディングフォト(結婚写真)を撮るきっかけは、お客様によって十人(十組)十色です。このページでは、「今っを生きる写真撮影」と題されたサイトでウエディング写真を掲載しているイギリスのフォトグラファー、クリス氏のご紹介。
スタジオブログ

4月でも卒業写真は「有り」だと思った撮影の日

新型コロナウイルス問題で、世界中が対応に追われる中、今年の卒園・卒業式は中止、変則スケジュール等で通常運営が出来なくなった幼稚園、学校が多数、当館の撮影もその対応に追われました。 4月に入って時期が過ぎ...
スタジオブログ

北海道は広いので?ロケ撮影地までの距離感覚が違うというお話

北海道、道南の写真館のロケ撮影感覚を、グーグルマップの手を借りながら考えてみました。道外の同業者・お客様から見れば、「流石にそれは」と思うほどの距離を、普通のロケ撮影距離だと思って仕事をしている、というお話です。
スタジオブログ

aiboとの記念撮影ー「・・・と一緒に」は魔法のコトバー

aiboとの記念撮影。誕生日写真の一枚です。最近、「愛犬と一緒」の撮影が続いていて、今回はなんとaiboが登場。2018年に再誕生した新しいaibo、初めて見ましたけど、いやぁホントに可愛い。耳の動きなんか最高。...
スタジオブログ

プロフィール写真の「姿勢」を考える

プロフィール写真を撮る時は、正面・正対・笑顔を無理に作ろうとせず、身体の姿勢を自分な楽な方向にむけ、(ある意味ねじって)、リラックスを心がける。そうすると、自然とカメラに正対した柔和な笑顔が生み出される、というお話です。
タイトルとURLをコピーしました