スタジオブログ

アート写真サービスを開始します

生活スタイルがどんどん変化していて、最近は昔ながらの「アルバム」ではなくて、壁や机の上に飾れる写真商品のご要望が多くなっています。
アルバムでも、重厚な冊子体の「写真アルバム」ではなくて、飾っておけるパネルタイプのもののご注文が増えました。
さらに、撮影写真を「アート」風に加工したものを、一枚ものとして飾っておきたいというご要望もいただきます。

というわけで、撮影カットのうちから、最適なものを選んで、ご注文に応じて「アート写真」をお届けする、というサービスを始めます。

「アート写真」ってなんだ、ということですが、実物的にお示しすれば、次のようなものです。

元写真
油絵風

このお写真は、子ども服のお店のWEBページ用に撮影させてもらったものですが、「アート写真」として作成したものを試作品としてお渡ししたところ、気に入っていただいてお店に飾ってくれています。

効果を入れること自体はそれほど難しいことではありません。(凝ったものは手がかかりますが)。ソフトウエアプラグインをはじめ、色々便利なツールがあります。

むしろ考えが必要なのは、対象写真にマッチした特殊効果の種類を選ぶことと、印刷素材の選定だと思います。

元写真
油絵風
油絵(印象派的)
油絵(点描風)

いろいろ変化可能です。
上の例は、函館どっく電停のレトロ電車の風景写真ですので、どれもそれぞれ趣がありますが、これが人物写真だと、合う合わないがでてきます。

次のようなポートレートは、色合いからいって、油絵的効果よりはハッチ風のほうが、元のカットにはマッチします。

元カット
油絵下絵風
ハッチ(網掛け)効果

という風に、大本の写真にあわせた効果選定がなかなか難しいのと、アート写真化すること自体あまり合わない写真もありますので、どの写真をどのような効果で「アート化」するかは、お客様とあれこれ相談しながら、<これでいきますか?>的なやりとりが必要になると考えています(それがまた楽しみだったりします)。

今ひとつ、頭を悩ますのは、どのような素材に印刷するか、という問題です。
凝った素材ですと印刷コストがかかって、お安く提供できませんので、まずは写真光沢・マット・キャンバス風印刷紙の3種類の中から写真効果にあったものを選んでご提供します。

撮影カットの中から一枚選んで、A4サイズ:4200円、2Lサイズ:2800円 でご提供
(同じもの2枚目からは半額となります)。

タイトルとURLをコピーしました