桜、新緑から紅葉まで:記念写真は柔軟に:前撮り・後撮りプランの活用法 >>
お知らせ(スタジオ通信)

桜、新緑から紅葉まで:記念写真は柔軟に:前撮り・後撮りプランの活用法

この記事は約2分で読めます。

成人式前撮り写真:新緑の中で

掲載したお写真は、先日某所にて、あと咲きの桜の中で撮影させていただいた成人記念写真です。成人記念に桜もいいですね。

さて、写真館を利用する機会の一つとして、年間行事にあわせた記念写真、があります。

成人式のほか、入園・入学・卒園・卒業・七五三、などが代表的なものです。

(1)普段は着ない衣装で(多くは和装だったり、きちっと決めたスーツ姿だったり)記念写真を撮りたい。

(2)その衣装のままで行事に出たい

このうち(2)にこだわらないのであれば、前撮り・後撮りをおすすめします。

式日(11月15日)前後の一ヶ月のどこかでお参りするという七五三の場合をのぞいては、撮影日はほぼピンポイントになります。

式次第にあわせて早朝から支度するのは「あずましくない」と思われる方もいらっしゃいますし、予約が一日に集中するので、その分、料金も高くなりがちです。

前撮り・後撮りにすると、(1)ゆったりとした時間の流れで準備が出来て、(2)料金も抑えられて、(3)スタジオにこだわらず外撮りが出来て、(4)お好みの季節の風景の中で写真に収まることが出来る、というメリットがあります。

桜の季節、夏に向かっての新緑の季節、夏休みの帰省の季節、秋の紅葉の時期と、ご自身の好みの日時でご予約できますので、前撮り・後撮りしてよかった、という声が多くよせられています。

また(2)をお考えのお客様も、前撮り・後撮りして、式日には衣装着付けして行事出席のみ、あるいは二度撮りする(前撮り・後撮りで一回、式日で一回)、というプランもたてられますので、ご相談ください。柔軟に対応できます。

4月でも卒業写真は「有り」だと思った撮影の日
新型コロナウイルス問題で、世界中が対応に追われる中、今年の卒園・卒業式は中止、変則スケジュール等で通常運営が出来なくなった幼稚園、学校が多数、当館の撮影もその対応に追われました。4月に入って時期が過ぎ...
タイトルとURLをコピーしました